精神病性うつ病と双極性障害の違いは何ですか? 私は前者と診断されており、人々は自分の症状を伝えるときに私が双極性だと思う傾向がありますが、どうすれば違いを説明できますか?


答え 1:

双極性障害の定義は、気分、エネルギー、活動レベル、および日々のタスクを実行する能力に異常な変化を引き起こす脳障害です。

症状は、大きなエネルギーと活動の感情(man病または軽hypo病として知られている)と悲しみ、絶望感、および青であること(うつ病として知られている)の間の気分変動の循環によって特徴付けられます。

「気分エピソード」の変動は、一度に最大数日または数ヶ月続くことがあります。 双極Iは1つの完全なman病エピソードと診断され、双極IIは少なくとも1つの軽man性エピソードと1つ以上の大うつ病エピソード(完全なman病エピソードなし)を必要とします。

病/軽mania病の症状は次のとおりです。

  • 自己重要性の高まりポジティブな見通しの誇張睡眠不足の食欲と減量の必要性の大幅な減少、アイデアの逃避、ある被験者から次の集中へと急速に移行する衝動性衝動、容易に気が散る活動レベルの過度の関与攻撃的な行動

大うつ病の症状は次のとおりです。

  • 悲しみや絶望感快楽や通常の活動への関心の喪失 早朝の目覚めのエネルギー喪失と罪悪感の絶え間ない無感覚、または自尊心の低さの集中、将来の体重増加または体重減少についての否定的な思考

対照的に、精神病性鬱病の定義は、精神病の特徴を伴う大鬱病性障害です。

精神病性うつ病には双極性障害などの大うつ病の症状も含まれますが、any病の形は一切見られません。 代わりに、精神病の症状があります:

  • 幻覚-存在しないものを聞く、見る、または感じる妄想-特に現実ではないものの恐怖や疑いに基づく誤った信念混乱-思考、発話、または行動における混乱反応しにくい

2つの障害に類似性があるため、精神病性うつ病の症状をmanと誤解する方法を見ることができます(つまり、関連のないトピック間をジャンプしたり、妄想と比較して自己重要性を高めたりするのに比べて、あるテーマから次のテーマにすばやく移動するアイデア壮大な)。 しかし、双極性障害は「低」から「高」に変化しますが、精神病性うつ病は精神病を伴ううつ病エピソードしかありませんでした。

精神病は幻覚や妄想を含んでいるため、一般的に患者は自分が認識していることは真実であると信じるようになり、「現実からの脱却」と見なされます。 彼らが持っている信念は多くの感情を引き起こす可能性がありますが、精神病性うつ病の主な気分は大うつ病性障害に付随する症状です。

私はあなたが病とうつ病の間の移行を経験せず(したがって双極性障害がない)、実際に精神病的特徴を伴ううつ病にかかっていることを説明することをお勧めします。 コントラストについてさらに詳しく説明したい場合は、精神病性うつ病の症状と双極性障害の症状に関する情報も含めて、両者の違いを明確にします。


答え 2:

主な違いは、精神病に似ている双極性障害のマニア側です。 比較のために症状を出さないでください。 そして、なぜあなたは素人の人にあなたの診断について聞くのですか? 説明する資格がありますか?

医師の精神科医に相談してください。 この人はあなたの診断を与えることができます。