道路税と通行税の正確な違いは何ですか? すでに道路税の高額を支払っているにもかかわらず、なぜ私たちは通行税を払うのですか


答え 1:

道路税は、公道を走行する前に車両に支払われます。 通常、新しい車両の購入時に支払われます。

特定の高速道路や橋で通勤したい車両には通行税が課されます。 州政府または地方自治体は、道路または橋の建設に費やしたお金を回収する手段として、道路または橋に通行税を課します。 道路または橋の維持費を回収するために、通行税が課されることもあります。

道路税は主に一度の支払いです。 ただし、車両が通行料が課される道路または橋を使用する場合は常に、通行税が支払われます。

お役に立てれば。


答え 2:

道路税は、道路を通る各車両に課される税です。 道路税が車両に支払われると、州内のすべての道路で実行できます。 通行料は、道路または橋の一部を特にそのように脇に置いて使用するためのユーザー料金です。 帝国の統治の初期には道路税はありませんでしたが、通行料のみがありました。 複数の地点で通行料を徴収することの難しさを考慮すると、通行料を統一通行料として置き換える道路税が導入されました。

現在、通行料は複数の地点で道路税に加えて徴収されており、そのように通知された道路または橋の一部を使用しています。 理論的には二重課税になり、違法であると言えます。

しかし、実際には、通行料を徴収することにはいくつかの理論的根拠があります。 道路と橋の建設は非常に高価になりました。 州と中央政府の予算からの通常の配分では、定期的な修理と交換の費用を満たすのに十分ではない場合があります。 そのような状況では、道路や橋の建設に必要な莫大な支出は、外部資金や特別な予算によってのみ満たすことができます。 外部投資家から借りた金額は、将来の利子とともに返済する必要があります。 外部投資家への返済に必要な金額は、料金徴収を通じて満たされます。

外部の資金が新しい道路や橋の建設に依存していない場合、長い間待つ必要があり、その間、社会は新しい道路や橋のサービスを奪われる可能性があります。 新しい道路や橋の建設に付随する利点は多岐にわたります。 交通渋滞を軽減したり、特定の場所に到達するまでの走行時間を短縮したり、乗り心地を改善したりするのに役立ちます。 要するに、車両の運用コストを節約できる可能性があります。 料金の支払いにより、節約された費用の一部のみが費やされます。したがって、経済的には良い選択肢です。

別のポイントは、新しい道路や橋の建設に州の資金援助が依存している場合、車両税/道路税の引き上げが必要になる場合があるということです。 道路税が引き上げられた場合、新しい道路や建設された橋の直接の使用者であるかどうかに関係なく、車両を使用するすべての人々が負担を分担するものとします。 したがって、直接のユーザーから税金を徴収する方が健全です。 通行料は、新しい道路または橋の直接の利用者からの税金と見なすことができます。


答え 3:

道路税は、道路を通る各車両に課される税です。 道路税が車両に支払われると、州内のすべての道路で実行できます。 通行料は、道路または橋の一部を特にそのように脇に置いて使用するためのユーザー料金です。 帝国の統治の初期には道路税はありませんでしたが、通行料のみがありました。 複数の地点で通行料を徴収することの難しさを考慮すると、通行料を統一通行料として置き換える道路税が導入されました。

現在、通行料は複数の地点で道路税に加えて徴収されており、そのように通知された道路または橋の一部を使用しています。 理論的には二重課税になり、違法であると言えます。

しかし、実際には、通行料を徴収することにはいくつかの理論的根拠があります。 道路と橋の建設は非常に高価になりました。 州と中央政府の予算からの通常の配分では、定期的な修理と交換の費用を満たすのに十分ではない場合があります。 そのような状況では、道路や橋の建設に必要な莫大な支出は、外部資金や特別な予算によってのみ満たすことができます。 外部投資家から借りた金額は、将来の利子とともに返済する必要があります。 外部投資家への返済に必要な金額は、料金徴収を通じて満たされます。

外部の資金が新しい道路や橋の建設に依存していない場合、長い間待つ必要があり、その間、社会は新しい道路や橋のサービスを奪われる可能性があります。 新しい道路や橋の建設に付随する利点は多岐にわたります。 交通渋滞を軽減したり、特定の場所に到達するまでの走行時間を短縮したり、乗り心地を改善したりするのに役立ちます。 要するに、車両の運用コストを節約できる可能性があります。 料金の支払いにより、節約された費用の一部のみが費やされます。したがって、経済的には良い選択肢です。

別のポイントは、新しい道路や橋の建設に州の資金援助が依存している場合、車両税/道路税の引き上げが必要になる場合があるということです。 道路税が引き上げられた場合、新しい道路や建設された橋の直接の使用者であるかどうかに関係なく、車両を使用するすべての人々が負担を分担するものとします。 したがって、直接のユーザーから税金を徴収する方が健全です。 通行料は、新しい道路または橋の直接の利用者からの税金と見なすことができます。


答え 4:

道路税は、道路を通る各車両に課される税です。 道路税が車両に支払われると、州内のすべての道路で実行できます。 通行料は、道路または橋の一部を特にそのように脇に置いて使用するためのユーザー料金です。 帝国の統治の初期には道路税はありませんでしたが、通行料のみがありました。 複数の地点で通行料を徴収することの難しさを考慮すると、通行料を統一通行料として置き換える道路税が導入されました。

現在、通行料は複数の地点で道路税に加えて徴収されており、そのように通知された道路または橋の一部を使用しています。 理論的には二重課税になり、違法であると言えます。

しかし、実際には、通行料を徴収することにはいくつかの理論的根拠があります。 道路と橋の建設は非常に高価になりました。 州と中央政府の予算からの通常の配分では、定期的な修理と交換の費用を満たすのに十分ではない場合があります。 そのような状況では、道路や橋の建設に必要な莫大な支出は、外部資金や特別な予算によってのみ満たすことができます。 外部投資家から借りた金額は、将来の利子とともに返済する必要があります。 外部投資家への返済に必要な金額は、料金徴収を通じて満たされます。

外部の資金が新しい道路や橋の建設に依存していない場合、長い間待つ必要があり、その間、社会は新しい道路や橋のサービスを奪われる可能性があります。 新しい道路や橋の建設に付随する利点は多岐にわたります。 交通渋滞を軽減したり、特定の場所に到達するまでの走行時間を短縮したり、乗り心地を改善したりするのに役立ちます。 要するに、車両の運用コストを節約できる可能性があります。 料金の支払いにより、節約された費用の一部のみが費やされます。したがって、経済的には良い選択肢です。

別のポイントは、新しい道路や橋の建設に州の資金援助が依存している場合、車両税/道路税の引き上げが必要になる場合があるということです。 道路税が引き上げられた場合、新しい道路や建設された橋の直接の使用者であるかどうかに関係なく、車両を使用するすべての人々が負担を分担するものとします。 したがって、直接のユーザーから税金を徴収する方が健全です。 通行料は、新しい道路または橋の直接の利用者からの税金と見なすことができます。