粘土、砂、砂利の違いは何ですか? これらの土壌に関する詳細を提供します。


答え 1:

粘土、砂、シルトは粒子サイズによって異なります。

粘土-<0.0002 mm

シルト-0.02〜0.002mm

砂-2から0.02mm

砂利-> 2mm

  • 粘土はサイズが非常に小さいため、粒子間に隙間ができず、粒子が非常に密になります。 粘土の保水能力は非常に高いため、水を通過させず、植物に利用できるようにします。 粘土の粒子は非常に重いため、植物の根は貫通中に壊れる場合があります。 粘土質土壌は有機物が少ないため、耕作はわずかな修正を加えることによってのみ可能です。さもなければ、粘土質土壌では農業が難しいようです。 親指と人​​差し指でこすると粘土質になります。ロームは、砂、シルト、粘土を同じ割合で含むタイプの土壌で、このタイプは農業に最適です。砂には保水性がなく、浸透速度はより適切ではありません。農業用。 彼らはその化学組成として石英タイプの鉱物、すなわちSiO2(二酸化ケイ素)が含まれています。 排水設備が高く、スイカ、モモ、ピーナッツなどの作物の栽培に適しています。 指で挟んで擦ると砂がザラザラします。 その物理的および化学的特性により、建設およびガラス産業で使用されています。砂利は2mmから63mmを超える緩い岩です。 それは、岩を機械的に粉砕することにより生産されます。 主に岩の風化または粉砕によって生成されます。

答え 2:

これらの3つの粘土のうち、粒子と粒子の間に粘着性がある粘着性がある一方、砂と砂利は粒子間の粒子間摩擦だけを持つ粘着性がないです。

これらの粒子は、そのサイズのみに基づいて区別できます。

粘土サイズ<0.2ミクロン

サイリーサイズ(0.2ミクロン-75ミクロン)

砂のサイズ(75ミクロン-4.75 mm)

砂利サイズ> 4.75 mm

上記の3つの粘土のうち、岩石の化学的風化により形成される粘土は、粘土の凝集に関与する新しい鉱物の形成につながります。

砂と砂利は、岩の物理的風化によって形成されるため、砂と砂利には粘着性がありません。