クリエイティブディレクターとアートディレクターの違いは何ですか?


答え 1:

代理店によって大きく異なりますが、通常、アートディレクター(通常はコピーライターとペアになっています)は、クリエイティブディレクターによって提供されたクリエイティブブリーフの範囲内でアイデアを生成する責任があります(通常はプランナーまたは戦略家と協力して)アカウントディレクター、およびクライアントブリーフに基づいています)。

通常、クリエイティブディレクターは、アートディレクター/コピーライターをプロジェクトに割り当て、クリエイティブチームを導き、コンセプトを精査し、クライアントに作品を提供する責任があります。 最終的には、クリエイティブディレクターはほとんどの場合、1日の終わりにクリエイティブの出力を担当します。

全般的に、CDはアカウントの義務を果たしている間、特定のプロジェクトを管理するためにアソシエイトクリエイティブディレクターを採用することが多いため、アカウントのサイズに応じて、アートディレクターは通常1つ以上の階層レベルでクリエイティブディレクターに従属します。


答え 2:

私はこれが他の人がこれをどのように見ているのかといつも思っていました。 全くもって同じ意見です。 私は代理店のアートディレクターです。 唯一のアートディレクター。

この会社で働いたことがあり、2人のクリエイティブディレクターに報告しています。 私たちは非常に小さな代理店であるため、彼らは基本的にアカウントマネージャーでもあります。

私はアイデアを思い付く責任がありますが、最終的に彼らは私のアイデアをクライアントに販売する責任があります。


答え 3:

私はこれが他の人がこれをどのように見ているのかといつも思っていました。 全くもって同じ意見です。 私は代理店のアートディレクターです。 唯一のアートディレクター。

この会社で働いたことがあり、2人のクリエイティブディレクターに報告しています。 私たちは非常に小さな代理店であるため、彼らは基本的にアカウントマネージャーでもあります。

私はアイデアを思い付く責任がありますが、最終的に彼らは私のアイデアをクライアントに販売する責任があります。


答え 4:

私はこれが他の人がこれをどのように見ているのかといつも思っていました。 全くもって同じ意見です。 私は代理店のアートディレクターです。 唯一のアートディレクター。

この会社で働いたことがあり、2人のクリエイティブディレクターに報告しています。 私たちは非常に小さな代理店であるため、彼らは基本的にアカウントマネージャーでもあります。

私はアイデアを思い付く責任がありますが、最終的に彼らは私のアイデアをクライアントに販売する責任があります。