従業員数が50人未満の小規模企業のCEOと、従業員数が10万人を超える多国籍企業のCEOとの違いは何ですか?


答え 1:

私は35人から成る会社のCEOです。 100K以上の会社のCEOがそれがどう違うのか、私にはわかりません。

私のワークライフの40年にわたって、私は他の人の仕事とあなた自身の仕事について一つのことを学びました。 あなたが管理下にあり、あなたのために働いている人がいるとき、あなたはあなたの直接部下が何をするかについてかなり良い考えを持っています。 また、あなたの上司が何をするかについてもかなり良い考えを持っています。 しかし、あなたはあなたの下または上にあるこれらの2つのレベル(またはそれ以上)の仕事についての洞察がはるかに少ない。

あなたがそれについて考えるならば、それは理にかなっています。 2レベル以上離れた人の仕事の詳細をどうやって知ることができますか?

同様に、100人または500人の会社のCEOが何をしているのか知っているかもしれません。 おそらく、私の役割とそれほど大きな違いはありません。 しかし、あなたが公に取引されている多国籍の巨人に渡るとき、私はその世界を知らない。

私の基本的なスキルはもっと大きな会社につながると思いますが、その規模の会社の法的、複雑な財務、その他のユニークな側面を扱った経験はありません。


答え 2:

これは私が知っている少数の企業のみに基づいていますが、中小企業の場合、CEOは通常、息子がその場所を経営できるように話をするために離れる前に創業者であり所有者でしたが、それでも自分の会社を自分で管理しています。大企業の場合、CEOは多くの場合、会社が公開された後、採用されます。 彼らはめったに所有者であるか、会社自体の成長とは関係ありません。 彼らは、他の会社をはしごに連れて行った後、別の会社に移り、そこではしごの一番上の横木に雇われました。